少ない荷物だからこそできる引越し方法

hikkosi
荷物は少なければ引越し料金が安くなるのは当然の仕組みです。
高いと思う場合はまずこの点を見直しましょう。

ここさえクリアできれば、次は運搬する方法に着目しましょう。

レンタカーを使用した引越し方法は昔から安いと言われていましたが、
レンタル代はおろか燃料代の高騰により費用が想定以上にかかることがあり、素人作業による時間の浪費や荷物の破損につながる可能性があります。

しかし、知り合いにトラックを借りれ、かつ、精密機器や割れ物の養生から荷台をロープで縛れるぐらいのスキルがあれば安くなる可能性はあります。

宅配便のメリットは、日時指定可能、低価格、自宅回収が可能の点ですが、ダンボールのみであれば安価に済むことがあれど、数量が増えると高額になることがあり箱に入りきらない荷物の場合は代替案を考える必要があります。他業種との比較をするなど柔軟な対応が求められます。

搬送が不可能な荷物だけ請け負ってもらう方法は、現在人気の高い引越し方法になります。
大物家電や家具といった荷物のみを運送してもらうという方法です。

参考サイト:家具のみの引越し

(家財だけの運搬であったり、安くする配送方法や業者の見つけ方を記載。)

引越し業者の費用の計算方法は、使用するトラックの台数と容積、使用時間もしくは移動距離で計算されます。

また、業者を選ぶ際のポイントは、可能な限り小さなトラックを保有している会社を選ぶことが重要です。

(基本的には2tクラスしか持っていないが、軽トラを所有している会社もある。大手の例ではサカイ引越センター。)

また、全ての引越し方法を混ぜ合わせると反対にコストが高くなるため、どれか一つに絞るあるいは全てを託した中で、料金を照らし合わせることが低価格の業者を見つけることにつながります。

引越し業者を利用するメリットは、資材の準備から梱包、家電や家具の設置、不用品の処分また条件によっては建物の養生まですべてお任せ出来る点です。

価格も昔よりは安くなってきているので、利用の検討をしてみてください。