遠くではなく、二、三歩前を見る

私は自分で言うのもなんですが、割と完璧主義な方です。
そのため、ストイックに頑張ることが結構好きで、目標を立てて目指すのが好きです。
075755
でもそんな完璧主義にも弱点があって、ひとつできないことがあったり失敗すると全てがイヤになって諦めてしまう傾向があります。

これはいろんなことに当てはまっていて、そのために失敗するのが怖くなったり手を抜くことができずストレスが溜まることもよくありました。

自分でもこれはよくない、と思いました。

ある日、スキーに行きました。
それで間違って上級コースに行ってしまい、そこを降りない限り下に降りられないため、どうしても上級コースを滑るしかありませんでした。
下を見るとすごい急な角度で足がすくんでしまいました。

その時同行者が、降りる一番下ではなく足元の二、三歩先を見てごらん、そこに行くことを考えよう、と言ってくれました。
それで二歩先を見たら、そこまでは行けそうでした。

そうやってコツコツとゆっくり降りることで、少しずつ前へ進めました。

一番下(高い目標)を見つめてしまうと、先が遠すぎてプレッシャーもかかるし難しく考えてしまいがちですが、二、三歩先をクリアするなら私でもできる!と思いました。
これは他のことでも応用できるので、くじけそうになったらそう考えるようにしています。